この部品 コストダウンできないの? にお応えする単品・小ロット加工の総合調達窓口

部品加工専門エンジニア 110番 0778-29-3700

お急ぎの場合は
こちらにお電話ください
平日の8:00〜18:00に対応

SKD製 金型マスター

概要

SKD製 金型マスター
加工方法
フライス加工
マシニング加工
彫金彫り
材質 SKD
サイズ 30×30×40
精度 ±0.01以内
業界 金型
納期:個数 1週間~2週間:1個

特徴

こちらの製品は、小型精密部品を加工・装飾するための、金型マスター製品です。材質は金型用の合金工具鋼であるSKDを使用しています。まずCAMデータを作成し、金型の元となるマスターを5軸マシニングセンタによって精密加工を行います。その後、職人技による彫金彫りによって、製品が完成します。

ポイント

この製品で使用されているSKD材は、焼き入れ後に仕上げ加工をせずに、そのまま金型部品として使用することができる材質として知られています。そのため、SKD材を使用することで、製品全体の加工コストの低減につながります。

当サイトだからこそできること

当サイトではこのように、材質選定の段階からコストダウン提案をしております。また当社は、旋盤加工やプレス加工、曲げ加工、レーザー加工、さらにスウェージング加工といった特殊加工方法も取り揃えているため、外注費を抑えて加工することができます。さらに当社は、専門技術を取りそろえた中小企業が集まる福井県鯖江市のネットワークを活用することができるため、金属製品の精密加工に幅広く対応することができます。

「こんな加工できないの?」、「もっとコストを安く抑えたい!」こんなお悩みを丸ごと解決いたします。まずはお気軽にご連絡ください。