この部品 コストダウンできないの? にお応えする単品・小ロット加工の総合調達窓口

部品加工専門エンジニア 110番 0778-29-3700

お急ぎの場合は
こちらにお電話ください
平日の8:00〜18:00に対応

コストダウン加工コラム

カテゴリから探す

最新コラム一覧

【お悩み解決】2部品ロウ付けから一体加工に変更してコストダウン!

お悩み解決

【お悩み解決】2部品ロウ付けから一体加工に変更してコストダウン!

こちらでは、従来は2部品をロウ付けして製作していた精密部品を、一体加工に工法転換することで、部品点数の削減し、コストダウンに成功した事例のご紹介をいたします。
チタンのワイヤーカット加工におけるポイント

チタン

チタンのワイヤーカット加工におけるポイント

一般的にチタンの加工は非常に困難とされておりますが、チタンのワイヤーカットはとても有効な加工法として知られています。当社では、チタンのワイヤーカット加工は最も得意とする加工分野で、数多くの引合を当サイト経由でいただいております。

そこで今回は、チタンの加工方法や加工が難しい理由、チタンのワイヤーカット加工におけるポイントについてご紹介します。
チタンのプレス加工におけるポイント

チタン

チタンのプレス加工におけるポイント

チタンは非鉄金属の中でも軽金属に分類される金属です。製錬するのが難しく、1946年にウィリアム・クロールがクロール法を考案し、初めて高純度のチタンが製錬されました。そのためチタンが実用化されたのは比較的最近で、近年急速に利用が広がっています。チタンは軽くて強度が高く、耐食性や耐熱性に優れているため様々な分野で使用されています。ここではチタン加工を依頼するか迷っている人のために、チタン加工で押さえておきたい3つのポイントを紹介していきます。
チタン加工におけるポイント

チタン

チタン加工におけるポイント

チタンは非鉄金属の中でも軽金属に分類される金属です。製錬するのが難しく、1946年にウィリアム・クロールがクロール法を考案し、初めて高純度のチタンが製錬されました。そのためチタンが実用化されたのは比較的最近で、近年急速に利用が広がっています。チタンは軽くて強度が高く、耐食性や耐熱性に優れているため様々な分野で使用されています。ここではチタン加工を依頼するか迷っている人のために、チタン加工で押さえておきたいポイントを紹介していきます。
マシニングセンタの種類と特徴まとめ(加工中の動画あり!)

マシニング加工

マシニングセンタの種類と特徴まとめ(加工中の動画あり!)

高効率加工が実現できるマシニングセンタですが、軸の違いによって種類も様々あります。こちらのコラムでは、当社が実際に行っているマシニング加工の様子を動画で撮影いたしましたので、動画をご覧いただきながら、マシニングセンタの種類と特徴を解説し、実際に当社がマシニング加工で製作した加工事例をご紹介いたします!
マシニング加工とは?(加工中の動画あり!)

マシニング加工

マシニング加工とは?(加工中の動画あり!)

いまや機械加工の代表的な方法の1つとなったマシニング加工。こちらのコラムでは、当社が実際に行っているマシニング加工の様子を動画で撮影いたしましたので、動画をご覧いただきながら、マシニング加工の特徴と、実際に当社がマシニング加工で製作した加工事例をご紹介いたします!
マシニング加工とNC工作機械の違いについて(加工中の動画あり!)

マシニング加工

マシニング加工とNC工作機械の違いについて(加工中の動画あり!)

マシニング加工機とよく比較されるのが、NC工作機械です。マシニング加工機がMCと略されるため、MCとNCで何が違うの?と思われる方が多くいらっしゃいます。こちらのコラムでは、当社が実際に行っているマシニング加工の様子を動画で撮影いたしましたので、動画をご覧いただきながら、マシニング加工機とNC工作機械の違いについて説明し、実際に当社がマシニング加工で製作した加工事例をご紹介いたします!
大量の鏡面加工は、バレル研磨

バレル研磨

大量の鏡面加工は、バレル研磨

精密部品などを扱っている製造業では、客先要求で製造工程に鏡面加工(鏡面仕上げ)を入れている製品もあります。鏡面加工は光沢もあって仕上がりが美しく、エンドユーザーにも好評です。とはいえ、鏡面加工は工数がかかってしまい大量生産に踏み込めない製造現場もあるでしょう。バレル研磨は大量の鏡面加工を実現できますので、ここで紹介していきます。
R指定がない、面取り加工はバレル研磨が一番

バレル研磨

R指定がない、面取り加工はバレル研磨が一番

製造業ではワーク(製品)を加工後にエッジ除去が必要になることがあります。面取り部には作業図面などでRが指定されていることや単に「面取りに丸みをおびせること」、「エッジを除去すること」といった指示がなされているケースがあります。R指定がない面取り加工では、大量生産可能なバレル研磨がおすすめであることをここで解説していきます。
バレル研磨の基礎

バレル研磨

バレル研磨の基礎

精密部品を扱う製造業にとって客先からの品質要求は年々高まっており、企業努力で相当苦労しているものです。しかしながら、品質を優先すると研削加工の段階で工数がかかり、結果としてコストが増えて経営を圧迫する羽目になってしまいます。そこでコストダウンを図りながら高品質を保てるバレル研磨をここで解説していきます。