この部品 コストダウンできないの? にお応えする単品・小ロット加工の総合調達窓口

部品加工専門エンジニア 110番 0778-29-3700

お急ぎの場合は
こちらにお電話ください
平日の8:00〜18:00に対応

コストダウン加工コラム

カテゴリから探す

スウェージング加工

”高価な材料”を削っていませんか?

スウェージング加工

”高価な材料”を削っていませんか?

結論から言うと、削り出し加工は金型は不要ですが、切りくずが材料ロスとなり、損をしかねません。しかし、鍛造加工では初期費用として金型代が必要とはなりますが、材料ロスが少ないので、材料が高価であればあるほどメリットが大きい事があげられます。
旋盤からスウェージング加工への工法転換

スウェージング加工

旋盤からスウェージング加工への工法転換

金属加工の方法は切削加工に加え、鍛造加工などよく加工手段として選択します。今回のようなスウェージング加工はロール鍛造、リングローリング、クロスローリング、ヘリカルローディング、転造とともに回転鍛造にまとめられます。そして常温による冷間鍛造です。
削り出しと鍛造の特性の違い

スウェージング加工

削り出しと鍛造の特性の違い

あらゆる加工方法がある中で、一般的に精密部品を作り出す方法として、大きく2つに分けることが出来ます。最初の1つ目は、専用型を作って、その型でできる部品をロッド生産していく方法と、2つ目は今ある材料から様々な工具や加工機械を使用して任意の形に削り出していく方法です。今回は2つそれぞれの要点や特性をまとめました。
[一覧画面] 画像代替テキスト

スウェージング加工

スウェージング加工とは?回転冷間鍛造加工の特徴と仕組みについて

いきなりですが、スウェージング加工という言葉を聞いた事がありますか?ここ最近などではお客様からのコストダウン要望から加工自体を見直すことを含め、スウェージング加工のニーズが高くなってきています。
[一覧画面] 画像代替テキスト

スウェージング加工

スウェージング加工のメリット

今回はスウェージング加工のメリットについて説明をします。やはりスウェージング加工での一番のメリットを挙げるとしたら、切粉を出さずに加工することが出来るので、コストダウンおよび歩留まり率の向上に飛躍的に貢献します。ここがまさに一番のメリットとして考える事が出来るでしょう。
[一覧画面] 画像代替テキスト

スウェージング加工

スウェージング加工の材料

スウェージング加工(冷間回転鍛造)により非常に大きな圧縮応力を受けて塑性変形した材料は、加工硬化して機械的性質が変化します。特に加工度の少ない初期は性質変化が大きく、引張強さ、降伏点、弾性限界、および硬度などはこの冷間加工によって大きく上昇し、伸びや絞りなども大きく減少します。