この部品 コストダウンできないの? にお応えする単品・小ロット加工の総合調達窓口

部品加工専門エンジニア 110番 0778-29-3700

お急ぎの場合は
こちらにお電話ください
平日の8:00〜18:00に対応

Qスウェージング加工に工法転換するとコストダウンになるのですか?

はい、いままで削り出し加工で行っていたものをスウェージング加工に置き換えることで、軽量比率が約30〜50%削減でき、さらに歩留まり率も約40%改善します。

削り出し加工とは、ボール盤・NC工作機械・旋盤・フライス盤・マシニングセンターなどの加工機を使って、目的の形を削り出す加工方法です。削り出し加工では、金型が不要なため初期費用が安くなり、小ロット生産では安価になるメリットがあります。

しかし、1個単位での加工時間がかかってしまう為に、大ロットの大量生産には不向きな加工方法というデメリットも生じます。また、切削性の高い材料を使用すると、材料自体の価格が高くなりそしてさらに大量の切りくずが生じるために、結果として材料費が高くなります。

一方、切削加工からスウェージング加工へ転換した場合、ひとつひとつの部品の加工スピードが速く、時間当たりの生産性が高くなります。さらに、スウェージング加工は鍛造加工のため、
切粉を出さずに加工することが出来ます。つまり、材料費や部品コストを抑えることができます。さらに、鍛造加工によるバネ性向上により、材質がもつ強度が加工前と比較すると完成品の強度が向上します。

つまりスウェージング加工では、切りくずなし、強度UP、必要最小限のワーク寸法取り(叩いて伸ばすので仕上がり寸法より短い)という特徴から、加工時間の短縮や材料費・加工費の削減等が押さえられ、量産品ではより大きなコストダウンの効果を発揮します。

当社ではコストダウン手法のひとつとして積極的に提案しています。スウェージング加工への工法転換を検討されている方は、お気軽にご相談ください。


>>コラム一覧はこちら

>>対応可能な加工・材質はこちら

>>製作実績一覧はこちら


 
============================

精密金属加工コストダウンセンター.comでは、お客様のご要望に合わせて最適な工法を提案することで、コストダウンを可能にしております。当社では、旋盤加工やプレス加工、曲げ加工、レーザー加工、ワイヤーカット加工、さらにスウェージング加工といった特殊加工方法も取り揃えているため、外注費を抑えて加工することができます。また、アルミニウムやSUSといった一般金属から、チタンや銅などの難削材まで、幅広い材料にも加工の対応が可能です。

また当社は、専門技術を取りそろえた中小企業が集まる福井県鯖江市のネットワークを活用することができるため、金属製品の精密加工に幅広く対応することができます。さらに、お客様が当社にご依頼することで、お客様が無駄に加工業者を探す工数を減らすことができ、総合的なコストダウンを実現いたします。


「こんな加工できないの?」、「もっとコストを安く抑えたい!」こんなお悩みを丸ごと解決いたします。試作・1ロットからも対応いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

>>お問い合わせはこちら